投資信託をはじめるにはどうすればいいでしょう

始めるその前に
投資信託の運用は専門家にお任せする形となりますが、商品内容について充分に勉強して理解をしておかなければなりません。
本当に自分は投資信託の購入に向いている性格なのか、そして投資しようとしているお金は、損をしたとしても自分の今後の人生は破綻しないか、納得できるのかを考えます。
換金時期についても、自分が必要な時期に償還を迎えるのか、またはクローズ期間が開けているかも知っておく必要があります。
投資信託の株式と債券の割合比率を把握して、自分の納得する配分の商品であるかも検討します。
取り扱い会社によって、販売商品が様々にありますから、どこでどの商品にするかもよく検討します。
だいたいの商品が絞られてきたら、よく目論見書を読んでさらに確認と把握をします。
内容が充分に理解できたら、購入の段階にはいります。
口座を持っていない場合
その商品を取り扱っている販売会社で新規に口座を開設します。
その時に必要なのは、印鑑と本人確認書類です。
店頭窓口で手続きをしますが、ネットで手続きを行える会社もあるようです。
口座が開設できたら、購入代金の支払いをします。
確認がとれたら、取引の報告書が送られてきますから、それをよく読んで間違いがないか、自分の購入した商品の名前や特徴をキチンと覚えておくようにします。
定期的に運用実績の報告書が送られてきますからそれをチェックします。クローズ期間が近づいてきたら、新聞などでも現在値を把握して、確認するとよいでしょう。
始めるにあたってのコツ
販売会社の担当者とはできるだけ親しくなったほうがいいでしょう。
こまめに情報をくれることもあるでしょうから、自分の名前を覚えてもらっておいて損はないです。
商品の売り時や新商品の割り当てなども、優先して教えてくれるかもしれません。
ただ口座を開設しているだけだと印象に残らないので、なるべく自分の事情や性質をわかってもらって聞きたいことがあれば質問するようにしましょう。

上手に利用してください。