投資信託のメリットとデメリットを知りましょう

備えあれば憂いなしですから、よく把握しておきましょう
メリット
投資信託は市場環境や運用成績が良ければ、高利回りを期待できる商品です。
クローズ期間を過ぎたらいつでも売却ができるのですから、短期間で高利回りを得て受け取ることができます。
更にいい利回りを狙ってその資金で新商品を購入することも可能です。
投資信託の決算期に利益があったなら、それを分配金という形で受け取ることができます。
分配金は受け取ることもできるし、更に元本に組み入れて再投資をすることもできます。
どの方法にするかは、購入時に決めておかなければなりません。
株式を購入する時には、ある程度のまとまった額が必要になります。例えば、会社によって単位が違いますが1株か100株か1000株単位になります。
いずれにしても、数十万から数百万のお金が必要になるのです。それに比べて投資信託は一口1万円程度から購入できますから、お試しにという気軽さで試すこともできます。
デメリット
投資信託は運用成績が市場の環境によってさまざまに変動しますから、予想がたちません。
調べてみたときには良くても、相場は変動するのでクローズ明けや償還時に激減している可能性もあります。
ですから、あまりお金を減らしたくない人は、本当に自分が投資信託を購入しても大丈夫かを考えてみる必要があります。
株式が組み込まれている商品はリスクが大きいと考えておかなければ必要な資金が足りなくなってしまったという結果もありえます。
株式が入っているものは元本が保証されていません。
投資信託はクローズ期間が設けられています。必要になったときにクローズが開けてないので出せないということがあります。
始めにその期間を知っておく必要があります。
また、償還時に損をしていると、元本保証がないので、そのまま損をしている状態で変換されます。
注意点
メリットでもありデメリットでもありますが、クローズ期間以降の出金は自己責任において行われます。
担当者から連絡が入ることもあるでしょうが、あくまでもその後の判断は自分でしなければなりません。