投資信託とは一体どんなものでしょうか

投資家にとっての投資信託

募集の金額が設定されており、それを購入したい投資家から金額を集め大きな資金を作り、それを運用する商品のことをさします。投資家は決められた期日までに購入します。運用には専門知識を蓄えた専門家があたります。

投資信託は株式と債券から成り立っています。その構成には、株式と債券で構成された商品と、債券のみで構成されたものの2種類があります。株式が多ければ多いほど変動が大きく投資性が高まります。ハイリスクハイリターンの商品と言われることもあります。

しかし、単一の株式を購入するよりは、複数の株式が組み込まれているため、その分リスクは分散されます(引用サイト:緊急特集!海外FX投資を徹底比較!)。

投資信託の作られ方

投資信託は投資信託運用会社によって作られます。そして、販売会社で販売されるのですが、その会社は証券会社、銀行、郵便局などになります。

商品は販売会社が募集をかけて投資家を募り資金を集めてそれは信託銀行に預けられます。運用会社は、投資方法を考えて信託銀行にそれを指図します。指図により信託銀行は株や債券の売買をするのです。それぞれの会社が役割を受け持ちその役割の上に成り立つ商品が投資信託です。

投資信託は変動価格の中身でできている性質上、元本(預け入れ時の金額)は保証されていません。
そこが預貯金と違う点ですから、注意が必要となります。

投資信託の募集期間

投資信託は常に募集されている商品と、単発でその期間だけ募集をする商品があります。商品によって、株式と債券の比率が全て違いますし、またその銘柄も異なります。

ですから、購入するときには、自分がリスクをどの程度なら負えるかを検討する必要があります。それによって、商品を選ぶと良いでしょう。人の儲け話を鵜呑みにして、安易な気持ちで購入するとあとでこんなはずではなかったのにと後悔することにもなりかねません。

購入はあくまでも自己責任ですから、事前に自分の希望している時期や売却の時期などもよく理解することが大切です。